《随時更新中》夏に読みたい本をまとめました

【読書まとめ】2019年2月に読んだ本で最も面白かった本は?

ベストブック 本のまとめ

こんにちは。
2月が終わりました――。
1ヶ月てこんなに早く過ぎるものだったかしら。
「28日しかないからね」とかいう慰めはいりません。

なにが嫌だって、もう兆候はあるけれど、花粉が嫌だ。
医学の進歩で、花粉くらい治してください。
分からないけれど、IPS細胞とかでどうにかならないものなのでしょうか……。
あとついでに私の他のアレルギーも治してください。

なんてぐだぐだ言っていても花粉は治らないので、
2月に読んだ本をすべてまとめました。
(どう言う関連性があるのかは聞かないでください、答えられません)

スポンサーリンク

2019年2月に読んだ本全て公開!

読んだ本の数:8
読んだページ数:2148

さよならクリームソーダ (文春文庫)さよならクリームソーダ (文春文庫)
読了日:02月26日 著者:額賀 澪
イルミネーション・キス (双葉文庫)イルミネーション・キス (双葉文庫)
読了日:02月22日 著者:橋本 紡
星か獣になる季節 (ちくま文庫)星か獣になる季節 (ちくま文庫)
読了日:02月20日 著者:最果 タヒ
月光ゲーム―Yの悲劇'88 (創元推理文庫)月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)
読了日:02月18日 著者:有栖川 有栖
また会う日までまた会う日まで
読了日:02月17日 著者:柴崎 友香
星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫)星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫)
読了日:02月11日 著者:三浦 しをん
惑いの森 (文春文庫)惑いの森 (文春文庫)
読了日:02月10日 著者:中村 文則
あなたがここにいて欲しい (角川文庫)あなたがここにいて欲しい (角川文庫)
読了日:02月06日 著者:中村 航

 

冊数はあまり読めませんでした(毎回言っている気がする)。
それになんかライトな小説が多かったなあ。たぶん正月のブックオフウルトラセールで、とりあえず買いまくった本を消化したからでしょうか。

それではこの中で、最も印象に残った本を紹介させていただきます!

2019年2月に読んだ本で最も面白かった本は?

1位は如何に

星か獣になる季節(最果タヒ)

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』予告編

キネマ旬報ベスト・テンの日本映画第1位にえらばれた映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」の原作者である最果タヒさんが書いた星か獣になる季節

これが最も印象に残りました。

気取らずに流れるような文体に、勢いのある展開、さらに、わずか175ページという短い小説なのに、読み終えたあといつまでも心に居続ける存在感。

世の中には色々なタイプの青春がありますよね。
――部活に、恋愛に、学校生活。

星か獣になる季節」の主人公である山城は地下アイドルの応援を生きがいにしている。
でもまあ、世の中にはアイドルに青春を費やす人なんて、沢山いるでしょう。
彼が一風変わっているのは、
「きみはかわいいだけだ。凡庸で貧弱な精神、友達だけが社会で、僕らのことを光のかたまりぐらいにしか見てない。だからぼくは軽蔑ができた。」
という軽蔑の気持で地下アイドルを応援しているのです。

ここには作者の考え方が反映されています。
あとがきで、作者である最果タヒは「青春を軽蔑の季節」と、
軽蔑をすることで、自分を保っていると言っています。

山城はその象徴で、彼の学校における地位は最底辺だ。
そんな彼が自分を保つためには、見下す相手が必要で、それに選ばれたのが学外の地下アイドルだった。

その地下アイドルが殺人を犯したというニュースが飛び込んできた。
今まで「凡庸」だと思っていた彼女を「非凡」であると認められない彼は、彼女が殺人を犯したということを思いたくなかった。
そこで彼は彼女が殺人を犯していないという証拠を見つけるために、同じく地下アイドルのファンで、スクールカーストトップにいるクラスメイトの森下と調査に乗り出した。

スクールカーストの対極にいるふたり。
そのふたりがどのような気持ちで、地下アイドルを愛すようになったのか。
その違いや、彼のらバックボーンが物語の大きな味付けになっています。

色々な青春があるなか、彼らのダークでポップな青春物語は、
どんどんどんどん、のっぴきならぬ方向へ進んでいく。

星か獣になる季節
もし未読でしたら、読んでみる価値はあると思いますよ。
私はタイトルの意味に気がついた時、思わず息を止めてしまうよな感情にとらわれました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました