《随時更新中》夏に読みたい本をまとめました

【ブックライト】USB充電式で持ち運びOK。クリップ式で旅行にもおすすめ!

本のモノ 本のモノ

こんにちは。

皆さんは本をどこで読んでいますか?
私は、

  • 電車
  • お風呂
  • ベッド

が、主な読書場所ですね。

今回はその中でも1日の終わりのベッドで、
次の日に向けての快適な読書をするための、『読書灯』を紹介させていただきます。

夜中に迷惑を掛けず、読書ができる『ブックライト』

クリスマスに、自らへの誕生日プレゼントとして買った『ブックライト』。
4か月くらい使ってみたので、良い所、悪い所を踏まえてレビューしますね!

【LED クリップライト】 Coquimbo 読書用ランプ 読書灯 LED閲読ライト ブックマークとしても利用可能 ブックライト 折りたたみ式 クリップ 4段階調光 便利の防災用品 USB充電 kindleと本専用 ブックライト(ブラック)

実際にこのブックライトを使って、本を読んだらこんな感じ。

暖色じゃないのがネックですけれど、
ちょうどいいくらいの明るさで、読みやすいですよね。

まずは良い所

  • USB充電式
  • 軽い、そして薄い
  • 4段階調光
USB充電式

パソコンで充電中。

これが理想なんですよね。
なにせ、電池を持ち運ばなくていいので、軽い。
それに今はどこでもコンセントがあるので充電場所に困らない。

軽い、そして薄い

『読書ライト』を挟んでも気にならない!

これもまた重要。
夜行バスとか、旅行先で、友人に迷惑をかけずに本を読むために、
『読書ライト』は必須!

そんな時に「軽い、薄い」、そんな持ち運びやすさはとても重要。
『栞』にも使えるので、便利ですよ。

4段階調光

参照:amazon

25%~100%まで調節可能。
私はほとんど25%で使用していますが、もしかすると100%で使用することもあるかもしれません。
災害時とか、暗闇での探し物とか。

唯一の弱点は?

ライトの明かりが白いこと。

うーん。
これが唯一の欠点。

暖色系の明かりが良い睡眠をもたらすと言いますもんね。

ですので、ぜひこの『ブックライト』の暖色系を出してください。

まあ、光の強さを調節できるので、そんなに眠りを妨げることはないですけれど。

USB充電式で軽量。持ち運びも楽々で、旅行にもおすすめ!

――、以上。

メリット、デメリットをまとめましたが、
4か月使用してみて、良いものを買ったと思っています。

値段的にも安いので、ぜひ1度体験してみてください。

【LED クリップライト】 Coquimbo 読書用ランプ 読書灯 LED閲読ライト ブックマークとしても利用可能 ブックライト 折りたたみ式 クリップ 4段階調光 便利の防災用品 USB充電 kindleと本専用 ブックライト(ブラック)

コメント

タイトルとURLをコピーしました