《随時更新中》1分間で読める創作集 >

【季節本】節分に読みたい本はこちら!

おすすめ本 冬のおすすめリスト

こんにちは!

もういくつ寝ると「節分」ですね。
節分といいますと豆まきのイメージだったのですが、なんかいつの間にか恵方巻きがメジャーになってきましたね。
はたしていつから恵方巻きという文化はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

節分とは

節分

「いまさら節分とは、と云われても知ってるわい、そんなもの」
と思うかもしれませんが、意外と知らないコトがありましたので、書かせてください。
「別によい、節分なんて」て云われるかたは、さらっとスクロールしてください。


調べてみると、どうしてか、節分は昔、年に4回行われていたらしい。
というのも、季節の変わり目は邪気が入りやすいと云われているから。
それが室町時代以降、立春が新年の訪れでもあることから、春の節分を重んじるようになったのだとかなんとか。

豆まき

どうやら豆まきは夜にやるものらしい。というのも大晦日から新年をまたぐ節目の夜に訪れる鬼を退治するためだとか。
「新年? なぜ2月3日に新年」
と私は頭が混乱したが、旧暦では春からを新年としていたらしい。
つまり立春の前日の節分(2月3日頃)は、大晦日に相当する大事な日だったらしい。そう云われれば、春の節分が重んじられるのも分かる気がする。

また昔は、豆まきは家長や年男がやるものだが、それも時代の変化でなあなあになったとか。

そうして豆まきが済んだら最後、健康や幸せを祈りながら、自分の年より、1つ多い豆を食べる。
――なんと、いつも年齢分しか食べてなかった……。

恵方巻き

気がついたら広まっていたように感じられる恵方巻きは、もともと大阪を中心とした行事らしい。なら関東出身の私が知らない訳である。
作法はさまざまで、「黙って食べるとか」、「目を閉じて願いゴトを思いながら食べるとか」。
具材は七福神にちなんで、7つの具材を入れるが特に具材の指定はないらしい。
そうして重要なのがその年の恵方を向いて1本丸ごと食べるというコト。

∇方角一覧
2019年 2月3日:東北東やや東
2020年 2月3日:西南西やや西
2021年 2月3日:南南東やや南
2022年 2月3日:北北西やや北
2023年 2月3日:南南東やや南


いかがでしたか?
節分て意外と奥が深いんですね。
ここに書いたのは私が本を読んで、それを書いた事なので、もっと深く知りたい人はぜひ調べてみてください。
理解して行う行事の方が格段と面白くなりますよね。

ちなみに私が読んだ本はこちらになります。

残業まみれのweb制作会社にいた頃に、余裕を持ちたいと思って買った本。
余裕を持つには風流でしょうという訳のわからない理由をつけて買いました。

さて、前置きが長くなりましたが、節分がくるたびに思い出す本を紹介したいと思います。たくさんの本を紹介できればと思うのですが、いかんせん「節分の本を読もう」なんて思わないので、また読んだ本に節分が出てくることもそう多くないので、今後少しづつ増やしていければと思います。

またまた話が方々に外れてしまいました。
それでは、おすすめ本を紹介させていただきます。

節分に読みたい本

「恋都の狐さん」北夏輝

豆を手にすれば恋愛成就の噂がある、東大寺二月堂での節分の豆まき。奈良の女子大に通う「私」は、“20年間彼氏なし”生活からの脱却を願って、その豆まきに参加した。大混乱のなか、豆や鈴を手にするが、鈴を落としてしまう。拾ったのは、狐のお面を被った着流し姿の奇妙な青年。それが「狐さん」との生涯忘れえない、出逢いだった――。
「BOOK」データベースより

作者である北夏輝はこの本のシリーズ(狐さんシリーズ)を「奈良の魅力を発信しようと試みた小説。」と云っている。
そうしてその言葉に嘘はない。少なくとも私はこの小説を読んで、2月3日の節分に奈良を訪れた。

東大寺 二月堂

東大寺 二月堂

東大寺の二月堂で行われた豆まきは、小説で読んだそのままだった。
誰もが目を輝かせて、隣の人を押し倒すように、豆に群がっていた。
私は行くのが少し遅く、前列ではなく後列での参加になった(それでも相当早く行ったのだが……、細雪が舞っていて体が凍るかと思った)。
それでも年男の人が随分力強く投げてくれるので、豆と鈴を取ることができた。
その後に云ったお寺では、余ったという豆と抽選権を貰うことができた。
奈良の節分最高! 機会があればまた行きたいのだが。

あらすじにもあるのだが、この小説は節分から始まる。
物語は「東大寺 二月堂の豆まき」からはじまるのである。

そこで出会った「狐のお面を被った不思議な男」と少し変わった恋物語が始まるのだ。

第1章で「東大寺の二月堂の豆まき」「興福寺の追儺絵」を豆まきを梯子するという節分色に染まった物語なのだが、そもそも冒頭から節分1色である。

二月三日、節分である。豆をまいて鬼を追い出し、福を迎え入れるという重要な伝統行事が行われる日であるにもかかわらず、この日は祝日に指定されていない。大学はまだ長期休暇に入っておらず、通常どおり授業が行われている。

そもそもなぜ主人公の頭の中が節分1色なのかというと、

二月堂の豆まきでは、豆の他に非売品の綺麗な鈴やあんぱんもまかれるそうだ。日本の古代文化を研究している文学部の准教授がそう言っていた。コストパフォースのよい娯楽を模索する学生にとって、無料のイベントはとても魅力的だ。おまけに、豆を入手できると恋愛が成就するという。

20年間彼氏なしの生活からの脱却を願っている彼女にはピッタリとはまるからである。
その恋も波瀾万丈であって面白いのだが、なんとも魅力的なのは「掟破りのメフィスト賞」という言葉である。当然、その言葉にも表されているようにストーリーには申し分ない。

さらにそれに節分イベントを織り交ぜた奈良の魅力までふんだんに盛り込まれている。
ぜひ節分の時期に読んでみてはいかがでしょうか。

「きつねのはなし」森見登美彦

「知り合いから妙なケモノをもらってね」籠の中で何かが身じろぎする気配がした。古道具店の主から風呂敷包みを託された青年が訪れた、奇妙な屋敷。彼はそこで魔に魅入られたのか(表題作)。通夜の後、男たちの酒宴が始まった。やがて先代より預かったという“家宝”を持った女が現れて(「水神」)。闇に蟠るもの、おまえの名は? 底知れぬ謎を秘めた古都を舞台に描く、漆黒の作品集。
「BOOK」データベースより

この作品は「恋都の狐さん」とはガラッと変わって、すこし恐ろしい話になる。
なので節分の登場の仕方も少し変わってくる。

節分が出てくるのは表題作の「きつねのはなし」である。

さくさく雪を踏んで吉田山を越えて、節分祭の賑わいにもぐりこんで行ったことが忘れられません。
(中略)
そんな中を歩いていると、お祭りの空気にくるまれて、身体が軽くなって、足を動かさないでも、どこまでも運んで行かれるような気分になりました。
(中略)
「その人はどうなりました?」
私は尋ねた。
「亡くなりました。それ以来、私は節分祭に行きません」 彼女は言った。

と節分祭りで人が亡くなったことが語られる。
またその死にかたも尋常じゃない。

びくびく身体が動いて、とても気味が悪かった。生きたまま身体を捻り切られるみたいに苦しんでいるのに、顔にはまだあのふざけてかぶった狐の面がくっついていて、 それはどうしても取れないのです

この物語は私の理想とする日本のホラー小説である。内田百閒の小説もそうだが、
何か驚くような仕掛けもなければ、これと云った恐ろしい幽霊もでてこない。ただじめじめと薄暗い路地裏を歩くように、何か気配だけがあるのである。
だれかがじっとこっちを見ているそんな気持ちにさせられる。
しかしそのじっと見つめる目玉の実態は何処にもないのである。

この本を読んで「吉田山の節分祭り」に行こうと思うかはわからないが、私は行こうとした。しかし当然だが、奈良の節分祭りと被っていけなかった。

橙色に輝く節分祭の明かりの中から、早く町中へと抜け出そうと、ただ懸命に掛け続けた。東大路へ抜けるまで、決して彼女の手を離さなかった。


いかがでしたか?
この時期におすすめの本を紹介させていただきました。

節分だけだとこれくらいしか思い浮かばなかったので、今後面白い本と出会った時にその出会いをここでご報告できればと思います。

ぜひ手に取って、良い節分読書ライフを送ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました