本の感想

本の感想

教科書にも掲載『山椒魚』の井伏鱒二が書いた軽妙洒脱な物語『駅前旅館』

本の感想

御朱印ブームの今、『神様の御用人』で神社、神様の勉強を楽しくしませんか?(第1巻の感想)

本の感想

いぬじゅん作 スターツ出版文庫刊行の『奈良まちはじまり朝ごはん』の感想は心が洗われる作品でした

本の感想

ショーケンこと萩原健一の代表的映画で名作映画と評判高い『青春の蹉跌』は名作小説でもありました。

本の感想

【祝 ドラマ化】働き方改革のなか、(残業、休日出勤)ブラック企業と闘う企業戦士『わたし、定時で帰ります。』朱野帰子

本の感想

江戸時代から高度経済成長期、そして令和へ。人々が繋ぐバトンの命『茗荷谷の猫』木内昇

本の感想

三大奇書『ドグラ・マグラ』の夢野久作が描く少女たち『少女地獄』

本の感想

ミス・マープルへ敬意を払って。階知彦の学園青春ミステリ『火曜新聞クラブ―泉杜毬見台の探偵―』

本の感想

梨屋アリエの『プラネタリウム』は不思議なだけの作品じゃありませんでした

本の感想

実験的小説? 挑戦的小説? とにかく止まるな、想像しろ。古川日出男の『ハル、ハル、ハル』