《随時更新中》夏に読みたい本をまとめました

【書評】横浜の町ぶらの参考に! 個性の強い女の群像劇『けむたい後輩』柚木麻子

本の感想 本の感想

柚木麻子さんの「けむたい後輩」を読みました!

14歳で詩人としてデビューしたナルシストナルシストに憧れるロマンチスト、そこにリアリストが加わった、女性3人の群像劇で……って聞くだけで不安になるキャラの濃さですよね(笑)

しかもこの本、目次を見るだけで、期待ができるんですよ。

  1. 真実子、とりこになる(一年生編)
  2. 真実子、とりのこされる(二年生編)
  3. 真実子、トリコロール(三年生編)
  4. 真実子、鳥になる(四年生編)

――、気になる! 鳥になるとはいったい⁉

スポンサーリンク

主役級キャラが続々と

そんな3人の群像劇なんて聞くと、なんかとんでもない話のような気がしますよね?
読んでみると、まんま、とんでもない話ですよー。

この小説のたちが悪いのは、ナルシストが過去の栄光にすがるだけで何もできずに、ロマンチストが何でも出来ちゃうんですよね。ゆうゆうとナルシストを飛び越えちゃんうんですよ。そのくせ、その自覚がなくって……、こんなの問題が起こらないはずがないじゃないですか!

ナルシストもロマンチストも、リアリストもみんなキャラが立ちすぎてるんですよ。登場人物の大半が主役をはれる存在なんですよね。

簡単なあらすじ

真美子は14歳で詩人デビューをした栞子に憧れて、聖フェリシモ女学院へ入学する。入院中に読んだ「けむり」という詩に魅せられたのだ。体の弱い真美子を小樽から出すことを両親は嫌がったが、両親の親戚が持っている寮に、幼馴染の美里と一緒に入ることで、許してもらった。その甲斐あって、真美子は栞子に会うことができた。真美子は、栞子の孤高な雰囲気やどこか危うい感じに惹かれていき、彼女は栞子にいいように使われていく。

14歳で詩人デビューをした栞子はもう書けなくなっていた。しかし彼女はチヤホヤされたい。詩人デビューした当時から付き合ってる大学の蓮見教授の件で、当時学生から相当羨ましがられたが、今はもう蓮見先生は立派な若禿げで、さらに他の学生にすぐ目移りする。だが、彼女はそれを知っても蓮見先生から離れられない。過去の栄光にすがるように――。また彼女は孤高を装っているが、本当は誰かに必要とされたかった。そんな彼女を特別視ししてくれる真美子。栞子はそれが嬉しく彼女をいろいろなところに連れ回した。

美里は病弱な真美子を守ってきた。それは真美子の両親も喜んで認めてくれていて、美里と一緒なら安心という理由で、真美子は小樽を離れて横浜の大学に進学することができた。彼女の容姿は完璧で、アナウンサーを目指して、大学時代から、セミナーやインターンと余念がない。そんな彼女は真美子が栞子に夢中になっていることを知る。彼女は栞子の本質に気がついていて、真美子に何度も注意する。

なんにもできないナルシストと何でもできちゃうロマンチスト

冒頭でも書きましたけど、これがまた絶妙に、人間関係をややこしくしているんですよね……。

栞子は14歳で詩人デビュー。当時大学のイケメン教授だった蓮見教授と恋愛関係にある。そのことで、相当注目されていましたが、それも過去のことになって、今では誰も彼女に注目なんてしてくれない。それ以降、詩も書けずに1発屋と言われることも多い。しかし彼女は自分が他の人と変わりすぎているだけだとその現実を認められない。だからこそ、キャメルをくゆらせて、知らない人を尾行して文學活動なんて言ってみたりする。

そもそも詩人デビューも親のコネが関係しているのですけれど……。

それに比べて栞子を慕う真美子は、彼女のその孤高さに憧れているが、彼女と違い才能に満ち溢れていて、栞子の言った本の作者作品をすべて一週間で読破したり、栞子が喋れなかったフランス語をいとも容易く身につけてしまったり、さらには、偶然撮った写真が気鋭の映画監督作品のパンフレットに使用されたり、その才能は栞子の父も認めるほどだった。

これですよ、これは栞子もつらい。
さらにチヤホヤされたい栞子の天敵として完璧な容姿を持つ美里もいて、栞子の彼氏はことごとく、美里に惚れてしまうんですよね(笑)
栞子もちょっと気取ってるだけなのに、ここまでやられると可哀想になってきますよね……。

とはいえ栞子も負けていなくて、男たちに美里のあることないのことを吹き込むので、栞子が悪いんですけれど。

この小説はそんな3人の4年間(大学生活)+何年後が書かれています。
この3人がどのようにして、成長していくのか、3人の関係性は?
気になることはこの本を読んでみてください。

最後に、「けむたい後輩このタイトルにも仕掛けが隠されていますので、
それは最後で読んでみてのお楽しみにしてくださいー!

けむたい後輩 (幻冬舎文庫) [ 柚木麻子 ]
楽天ブックス
¥ 626(2019/09/06 08:49時点)

余談ですが、聖フェリシモ女学院ってどこよ?

全然いつもなら気にならないのですが、明らかに実在する地名が頻出するので、途中から気になってしまいました。

……、フェリス女学院ですよね?

横浜にある女子大を調べてみると、「フェリス女学院大学」と「東洋英和女学院大学」しかないんですよね。
「東洋英和女学院大学」は中高が六本木にあるので、つまり答えはフェリス女学院だ!
って言っても名前からもそうだろうと分かりますよね。

ってことは、寮もあるの?

実はこっちが本題で、読んでる限り、真美子と美里が住んでいる寮ってすごいところなんですよね。

ここ、聖フェリシモ女学院大学御用達の女子寮「リリーズハイツ」は、JR石川駅から歩いて十五分。外国人住宅が軒を連ねる、山手本通の中程にある。第二次世界大戦前に著名な建築家が手がけたこの三階建ての洋館は、歴史的建造物として横浜市に認定されている。元は英国人貿易商の屋敷だったらしい。テラコッタ色の瓦屋根に煙突、玄関の三連ポーチ、モルタル掻き落としのぽこぽことした壁面、庇のついたベイウィンドウ、半円型の庭に植わったパーム椰子。スパニッシュスタイルを基調とした外観だ。

これはモダン建築が好きな人にはたまらないですよね!
本当にこんな寮があるならひと目みたいと思い調べてみました。

ヒントはこれですかね?

  • リリーズハイツ
  • JR石川駅から歩いて十五分
  • 第二次世界大戦前に著名な建築家が手がけたこの三階建ての洋館
  • 歴史的建造物として横浜市に認定されている

で、調べてみたのですが、
横浜市認定歴史的建造部って93件もあるんですね……。

山手本通で調べてみると、
いくらか絞れました。
それにしても横浜ってこんなに魅力的な建物がたくさんあるんですねー。
多い時には月に4回も行くのに、その魅力に気が付いていませんでした。
これを機に、横浜歴史的建造物巡りでもしようかしら!

そんなことを思いながら探していると、
これかもという建物を見つけました!

それは、
「山手111番館(旧ラフィン邸)」

山手111番館

山手111番館

山手111番館(旧ラフィン邸)の特徴は、

  • スパニッシュスタイルの洋館(スパニッシュスタイルを基調とした外観)
  • 荒々しいスタッコ仕上げの白壁(モルタル掻き落としのぽこぽことした壁面)
  • 屋根の赤い瓦(テラコッタ色の瓦屋根)
  • 正面の玄関ポーチとなっている3連アーチ(玄関の三連ポーチ)
  • 建物は傾斜地を利用していることから、正面からみると2階建て、背面から見ると地階部分の外壁があらわれ3階建て (三階建ての洋館)※無理やりでごめんさい。
山手111番館(旧ラフィン邸) - 日本のすばらしい建築物
こんにちは、ニュースレター作成代行センターの木曽です。 今回のすばらしい建築物は、「山手111番館(旧ラフィン邸)」です。 横浜市の「港の見える丘公園」の南端、バラ園を抜けると白い壁に赤の屋根のスパニッシュスタイルの洋館が、山手111番館(旧ラフィン館)です。 港の見える丘公園は、バラの香でいっぱいで、色鮮やかに彩られ[続く]

特徴は「日本のすばらしい建築物」から引用させていただきました!
()の中は文中の引用になります。

ちなみに、モデルとなったフェリス女学院大学も歴史建造物に認定されている建物がありますので、
それも見に行きたいですね。
女子大だけれど入れるのでしょうか?

この作品には実在する建物やカフェが頻出しますので、
街ぶらりの参考にしてもいいかもしれませんね。

けむたい後輩 (幻冬舎文庫) [ 柚木麻子 ]
楽天ブックス
¥ 626(2019/09/06 08:49時点)

以上になります。
いかがでしたか?
ぜひこの本を読んで、横浜を歩いてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました