《随時更新中》夏に読みたい本をまとめました

【書評】妖盗S79号に挑む2人の捜査官は有能なのか無能なのか『妖盗S79号』泡坂妻夫

本の感想 本の感想

世の中には私の知らない作家がたくさんいるんですね。
獅子文六といい、泡坂妻夫といい、
絶版になっていた小説で面白いのがたくさんあるんですね。

今回、読んだ「妖盗S79号」もたまらなく面白い。
何が面白いって、妖盗とか怪盗がどうこうじゃなくて、それを追いかける2人の専従捜査官が愛おしくてたまりません。

ユーモアミステリ小説!

まずは、あらすじを

巷ではS79号がという怪盗というか、もう妖盗といっていいほど神出鬼没な窃盗が相次いでいた。
そこで警視庁では東郷警部と二宮刑事を専従捜査班に任命して、警備にあたらせる。
2人はS79号へ挑戦状を投げたりするが、その誘いに乗られたうえで、逃げられたりと、思うような成果を上げることができない。東郷警部は次第に、S79号をライバルとして尊敬するようになる。
巷では桐岡という35人を殺した脅迫犯もいて、どうしてもS79号の捜査は手薄になる。
2人は果たして、S79号を捕まえることができるのか?

怪盗じゃなくて、2人の捜査官

東郷と二宮はそれぞれ専従捜査班の主任と班員で、S79号が出たら飛んで仕事場に行くのだが、いまひとつS79号を追い詰め切れない。
この2人が最高に面白いコンビなので、
怪盗ではなく、ぜひ今回はこの2人の名前だけでも覚えて帰ってください。

S79~~号(ルパ~~ン風)と叫び出しかねない東郷警部

何かに似ているなあと思いながら読んでいましたが、解説を読んで納得の銭形警部でした。
東郷警部は警視庁に鳴り響く敏腕刑事で、取り逃がした犯人はいない、その凄さを怪物というものもあれば、神様と称える人がいるほどでしたが、S79号も負けず劣らず、というよりもわずかに(?)勝っているので捕まりません。彼は取り逃した悔しさから奥歯を噛み締め、欠けさせ、なんとその奥歯のかけらを布に巻いて妖盗S79号の逮捕への誓いにするという怪物的(天才的)所業に出るほど執念を燃やす姿はまさに銭形警部ですよね?
銭形警部についてあまり知りませんが…(笑)

警視総監より税金を払っている二宮刑事

この人の家は大豪邸で、鯉も泳いで、骨董品も数多くある。
羨ましい限りなのですが、祖父が亡くなった際にそのすべての資産を正直に申告したせいで、莫大な相続税を取られることに。
この小説は連作短篇なので、毎回のようにそのことについて愚痴る二宮刑事。第12話ではその相続税への悩みからか、「おそらく警視総監どのより多額な税金を払うことになっているのですよ。その私の前で、税金の無駄遣いはないでしょう」と言ったりもするほど。どこかのんびりしていて、憎めないんですよね。
お金持ちのお坊ちゃん気質なのでしょうか?
ちなみに話が進むにつれて、相続税がのしかかり、土地や骨董品、鯉なども売られていきます。
最終的には父も亡くなり、その相続税でひっちゃかめっちゃかに。

登場人物は分かった。で、話はどうなの?

この本はミステリ小説で、当然種も仕掛けもあるのですが、それよりなにより、とにかく面白い。
しっかりとした推理小説を期待して読むと、期待外れになるかもしれません。
しかし――、期待はずれを喜べるような面白さがあるので、ぜひ読んでみてください!

この本にはテンプレートがあるんですよね、

  1. 二宮刑事がのほほんとしている。
  2. 東郷警部が二宮刑事を叱責。
  3. 東郷警部が怒りとウキウキで現場に向かう。
  4. 見事に盗まれる。
  5. 東郷警部が歯を食いしばる。

それにしてもこの小説、
主人公はきっと東郷警部と二宮刑事なのですが、
よく考えると、2人は負け続けるんですよね、主人公の癖に(笑)

「2人の専従捜査官が愛おしくてたまりません。」、と私も書いたのですが、どうせ捕まえられないんだろうなあと思っているからこそ愛くるしいんですよね。

また、S79号も嫌いになれないんですよ。
理由は人に被害を与えたりしないんですよね。
もちろん、物は盗むのですが、人を不幸にする盗み方をしない。
鬼平犯科帳の本式の盗賊ってやつですね。

それには東郷警部も、
「俺は信じないぞ。S79号はこれまで何度も盗みを働いているが、人を殺したり女を誘拐したりしたことは一度もなかった」と絶対の信頼をおいております。

だから読者である私も安心してみてられるんですよね。
東郷警部、二宮刑事とS79号の子どもの喧嘩のようないざこざを。
本人たちはいたって真剣だと思うのですが、どこかユーモラスでそう感じるんですよね(笑)

この話は連作短編なのですが、
S79号と桐岡という事件が同時に起こっていて、2つが絡み合うのか、絡み合わないのかが曖昧な感じで進んでいきます。
その2つに関係はあるのか? あるいはまったくの無関係なのか? というのも徐々に明らかになりますよ。

1つ1つの作品がとてもユーモラスで面白く読めるのですが、
色々なところでたくさんの話が出てきて、それを最後まで読むと、ちょっとずつ回収されるんですよね(伏線といったほどではないのですが)。

それは思わず、「なるほど」と読みながら呟いてしまうほど。

とはいえ何より
この小説の魅力は2人の刑事なのです。
真剣なのですが、どこか面白可笑しい2人に、
ぜひ会ってみてください!

妖盗S79号 (河出文庫) [ 泡坂 妻夫 ]
楽天ブックス
¥ 1,026(2019/03/12 23:31時点)

神出鬼没の怪盗S79号!指輪に名画、名刀に化石まで、古今東西のお宝を、奇想天外な手口で次々と盗み出す。そんな中、世間では、連続猟奇殺人事件も発生中で、大混乱!果たして、警視庁のS79号専従捜査班は怪盗の正体とその真の目的を暴くことができるのか?ユーモラスで見事なトリックが光る傑作、待望の復刊!

コメント

タイトルとURLをコピーしました