《随時更新中》夏に読みたい本をまとめました

ハラハラする

本の感想

万城目学の『バベル九朔』は入ったら出られない迷宮書物でした(感想)

本の感想

青春小説と推理小説が良い心地に融合した『流星の下で、君は二度死ぬ』藤石波矢

本の感想

ショーケンこと萩原健一の代表的映画で名作映画と評判高い『青春の蹉跌』は名作小説でもありました。

本の感想

三大奇書『ドグラ・マグラ』の夢野久作が描く少女たち『少女地獄』

本の感想

実験的小説? 挑戦的小説? とにかく止まるな、想像しろ。古川日出男の『ハル、ハル、ハル』

本の感想

毎日文庫創刊の第1作目は中村文則の圧倒的人間ドラマ『あなたが消えた夜に』

本の感想

【書評】噴火、失踪、殺人事件――そして美しい月夜『月光ゲーム―Yの悲劇’88』有栖川有栖

本の感想

【書評】絶望の中に希望はあるのか『最後の命』中村文則

本の感想

【書評】平成最後の大みそかに元号推理『江神二郎の洞察』有栖川有栖

本の感想

【書評】分かっているのに『世にも奇妙な君物語』朝井リョウ

タイトルとURLをコピーしました