《随時更新中》夏に読みたい本をまとめました

心に残る

本の感想

現代の戦争小説「ハニィ、空が灼けているよ。」を含む『青空チェリー』(豊島ミホ)

本の感想

歴史小説家 東郷隆の描く少し昔の東京『明治通り沿い奇譚』

本の感想

小川洋子がひっそりと紡ぐ物語『琥珀のまたたき』

本の感想

Twitter発!燃え殻が書く『ボクたちはみんな大人になれなかった』はあいみょんさえも虜にしました

本の感想

ひっそりと消えた神の名残り『神様の御用人3』で神社、神様の勉強を楽しくしませんか?(第3巻の感想)

本の感想

ショーケンこと萩原健一の代表的映画で名作映画と評判高い『青春の蹉跌』は名作小説でもありました。

本の感想

江戸時代から高度経済成長期、そして令和へ。人々が繋ぐバトンの命『茗荷谷の猫』木内昇

本の感想

梨屋アリエの『プラネタリウム』は不思議なだけの作品じゃありませんでした

本の感想

太宰治賞、三島由紀夫賞を受賞、完成されたデビュー作『さよなら、オレンジ』

本の感想

【書評】美しくて愚かで、どうしようもないほど馬鹿げた青春時代へ『星か獣になる季節』最果タヒ

タイトルとURLをコピーしました