心に残る

本の感想

ショーケンこと萩原健一の代表的映画で名作映画と評判高い『青春の蹉跌』は名作小説でもありました。

本の感想

江戸時代から高度経済成長期、そして令和へ。人々が繋ぐバトンの命『茗荷谷の猫』木内昇

本の感想

梨屋アリエの『プラネタリウム』は不思議なだけの作品じゃありませんでした

本の感想

太宰治賞、三島由紀夫賞を受賞、完成されたデビュー作『さよなら、オレンジ』

本の感想

【書評】美しくて愚かで、どうしようもないほど馬鹿げた青春時代へ『星か獣になる季節』最果タヒ

本の感想

【書評】SNSで特別な毎日を求めて、肩肘張って生きている人へ『また会う日まで』柴崎友香

本の感想

【書評】マタギに憑りつかれた男『邂逅の森』熊谷達也