《随時更新中》夏に読みたい本をまとめました

恋する

本の感想

眠れなくなるほど好きな人ができたときに『僕の好きな人が、よく寝れますように』

本の感想

中村航の『さよなら、手をつなごう』は期待を裏切らない作品でした。(感想)

本の感想

失恋し前を向きたいときに読みたい柴崎友香の『青空感傷ツアー』

本の感想

良彦と黄金との再会! 『神様の御用人2』で神社、神様の勉強を楽しくしませんか?(第2巻の感想)

本の感想

大人になった同級生の優しい恋の物語 中村航の『あのとき始まったすべてのこと』

本の感想

芥川賞作家 青山七恵の書いた『繭』は怒涛の展開に目が離せない作品でした

本の感想

教科書にも掲載『山椒魚』の井伏鱒二が書いた軽妙洒脱な物語『駅前旅館』

本の感想

いぬじゅん作 スターツ出版文庫刊行の『奈良まちはじまり朝ごはん』の感想は心が洗われる作品でした

本の感想

梨屋アリエの『プラネタリウム』は不思議なだけの作品じゃありませんでした

本の感想

【書評】最高純度の愛を感じる『ジョゼと虎と魚たち』田辺聖子

タイトルとURLをコピーしました