《随時更新中》夏に読みたい本をまとめました

没頭する

本の感想

万城目学の『バベル九朔』は入ったら出られない迷宮書物でした(感想)

本の感想

ひっそりと消えた神の名残り『神様の御用人3』で神社、神様の勉強を楽しくしませんか?(第3巻の感想)

本の感想

『誰かが嘘をついている』のあらすじと感想――登場人物たちの人狼ゲームを楽しめ!

本の感想

青春小説と推理小説が良い心地に融合した『流星の下で、君は二度死ぬ』藤石波矢

本の感想

芥川賞作家 青山七恵の書いた『繭』は怒涛の展開に目が離せない作品でした

本の感想

御朱印ブームの今、『神様の御用人』で神社、神様の勉強を楽しくしませんか?(第1巻の感想)

本の感想

ショーケンこと萩原健一の代表的映画で名作映画と評判高い『青春の蹉跌』は名作小説でもありました。

本の感想

【祝 ドラマ化】働き方改革のなか、(残業、休日出勤)ブラック企業と闘う企業戦士『わたし、定時で帰ります。』朱野帰子

本の感想

三大奇書『ドグラ・マグラ』の夢野久作が描く少女たち『少女地獄』

本の感想

ミス・マープルへ敬意を払って。階知彦の学園青春ミステリ『火曜新聞クラブ―泉杜毬見台の探偵―』

タイトルとURLをコピーしました