青春する

本の感想

ショーケンこと萩原健一の代表的映画で名作映画と評判高い『青春の蹉跌』は名作小説でもありました。

本の感想

ミス・マープルへ敬意を払って。階知彦の学園青春ミステリ『火曜新聞クラブ―泉杜毬見台の探偵―』

本の感想

梨屋アリエの『プラネタリウム』は不思議なだけの作品じゃありませんでした

本の感想

【書評】昭和モダンの匂いの中で、特徴的で愛らしい少女たちが躍動する!『昭和少女探偵團』彩藤アザミ

本の感想

【書評】犯罪小説or青春小説『陽の子雨の子』豊島ミホ

本の感想

【書評】狂犬病に罹った二匹の男の子が二匹だけの世界を構築する『二匹』鹿島田真希

本の感想

【書評】懸命に自分を探す青春時代を思い返して『さよならクリームソーダ』額賀澪

本の感想

【書評】美しくて愚かで、どうしようもないほど馬鹿げた青春時代へ『星か獣になる季節』最果タヒ

本の感想

【書評】噴火、失踪、殺人事件――そして美しい月夜『月光ゲーム―Yの悲劇’88』有栖川有栖

本の感想

【書評】爽やかにやれよ『あなたがここにいて欲しい』中村航