《随時更新中》1分間で読める創作集 >

休刊している「ウェッジ文庫」の再開に期待! [ウェッジ文庫の一覧]

本のコト

こんにちは、たどり着いてくださった読書家の皆さん。

さてさて、皆さんは好きな出版社ってありますか?

私は本を選ぶとき、出版社で選ぶことがしばしあります。

【選書】絶対にハズレない4つの本の選び方
本好きにとって、楽しみでもあり、悩みどころでもある「選書」という行為。本の虫で、読書オタクの私が実践している「絶対に失敗しない本の選び方」を紹介する。

個人的には「河出」「中公」「ちくま」「新潮」が好きなので、書店に行ったときは、上記の出版社の棚から攻めるようにしています。

この他にも古書で、興味ある文庫があり、「旺文社文庫」「春陽堂文庫」「ウェッジ文庫」この3点は見つけるとついつい購入してしまいます。

特に「ウェッジ文庫」はなかなか目にする機会がなく、あまり知られてないのかしらと思ったので調べてみました。

個人的にはウェッジ文庫は選書が素晴らしいので、見つけたら手にとってみてください。

スポンサーリンク

ウェッジ文庫とは?

「ブームにおもねらず本質を追求する良書」
というキャッチコピーを持つJR東海グループの出版社が出す文庫本。
現在では忘れられている名エッセイ等を収録していたが、2010〜休刊。

渋めのセレクトで、多くの読書ファンをひきつけ、往年の中公文庫と重ねている読書家も多数いた。

まさかの、休刊!

2010年に休刊したウェッジ文庫ですが、当時も非常に惜しまれました。

さよなら、ウェッジ文庫
その渋いラインアップで、一部の読書好きの間で、絶大な支持を得ていたウェッジ文庫。残念ながら休刊だそうです。

休刊とのことですので、いずれ再開してくれることを祈ってていいのでしょうか?

旺文社文庫福武文庫サンリオSF文庫と品揃えが素晴らしい文庫ばかりが、なくなるのはなぜなのでしょうか。
それとも絶版になったから素晴らしく感じるのか――?

わたしはウェッジ文庫で、「岩本素白」「平山蘆江」「川上澄生」を知りました。

たぶん今後もウェッジ文庫で、たくさんの良書と出会うことができると思います。

そういう意味では早く網羅したい気も、逆にしたくない気もしますが……。

ただ本当に選書が素晴らしいので、ぜひ古書店で見つけた際は、手にとって見てください。

「MARUZEN & ジュンク堂書店 渋谷店」でなぜか新刊として買ったこともあるので、もしかするとまだどこかの本屋に眠っているのかもしれません。

読了した「ウェッジ文庫」

天馬の脚 (ウェッジ文庫) [ 室生犀星 ]
楽天ブックス
¥ 905(2019/06/20 19:35時点)

蘆江怪談集 (ウェッジ文庫) [ 平山蘆江 ]
楽天ブックス
¥ 802(2019/05/27 22:47時点)

東京おぼえ帳 (ウェッジ文庫) [ 平山蘆江 ]
楽天ブックス
¥ 864(2019/06/20 19:37時点)

明治少年懐古 (ウェッジ文庫) [ 川上澄生 ]
楽天ブックス
¥ 802(2019/06/20 19:37時点)

刊行している「ウェッジ文庫」一覧

文庫本 ウェッジの書籍
ウェッジの書籍 ブームにおもねらず本質を追求する良書

何度も言いますが、選書が素晴らしいので、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました